予期できない状況により停電が発生した場合の対処方法

HOME » 製品案内 » 環境機器 » 予期できない状況により停電が発生した場合の対処方法

予期できない状況により停電が発生した場合の対処方法

内視鏡消毒機 OED-1000S製品ページはこちら

OED-1000

★運転中に停電が発生した場合

  • 全ての動作は停止し、タッチパネルの画面は消えた状態になります。
  • フタロックは作動したままで、フタは開きません。

停電から復帰した場合

  • 電源が入ると自動的に排水が始まり、停止するとフタを開くことができるようになります。
  • 「処理異常終了」の赤い画面が点滅しますので「確認」を押して再度運転してください。

運転の途中で停電した場合の履歴データについて

  • 消毒履歴・・・履歴データは残りません。
  • 異常履歴・・・停電(E:403)が記録されます。

オゾン室内殺菌装置 OP-10製品ページはこちら

OP-10

★運転中に停電が発生した場合

  • 全ての動作は停止し、ランプは消えた状態になります。

停電から復帰した場合

  • 電源が入ると準備中ランプが点灯し、自動的にオゾンガスの分解作業が始まります。
    分解が終了するまで入室しないようにしてください。

スリッパ殺菌ディスペンサー SSDX・SSDX-V製品ページはこちら

SSDX

★運転中に停電が発生した場合

  • 全てのランプは消えた状態になります。

停電から復帰した場合

  • 電源が入ると通常の状態に復帰します。

お問い合わせ

IHIシバウラ 環境事業部 営業部 品質保証グループ

TEL 086-944-6528 / FAX 086-942-9030

〒704-8122 岡山県岡山市東区西大寺新地170番6