オゾンってなに?

HOME » 製品案内 » 環境機器 » オゾンってなに?

オゾンの殺菌作用と安全性

私たちが普段呼吸している空気ですが、その21%は酸素なのです。

オゾン(O3)とは、酸素原子(O)が3つに結合した状態のものをさしています。これはもともと、ギリシャ語で「OZEIN(匂う)」という意味から始まっているのだそうです。

オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化能力を持ち、脱臭・殺菌等に効力を発生します。原料の酸素(O2)に放電することにより生成し、熱・光等により容易に酸素(O2)に分解することができます。

近年では、多分野においてこの効力を殺菌・脱臭・洗浄等に活用されてきています。

オゾンは安全・強力・高効率です

自然界にも存在します

イラスト:自然界にも存在します

中でも一番身近にあるオゾン層は、太陽から送られてくる紫外線から私たちを守る働きを行っている、非常に大切な分子のかたまりの一つです。

もしオゾンが無くなってしまったら、この地球上の生命は絶滅してしまっているでしょう。

多くの分野で利用されています

イラスト:多くの分野で利用されています

オゾンの殺菌・脱臭・空気洗浄力は、塩素の約7倍。その強力な威力は、病院やレストラン、家庭の中など様々な分野で利用されています。

特に病院においては、感染率の高いウィルスの殺菌にも強い効果を発揮することができます。

残留毒性がありません

イラスト:残留毒性がありません

オゾンは酸素(O2)に比べると非常に不安定な化合物のため、時間が経過するとともに徐々に酸素へと変化していきます。

このように作用した後に物質そのものや気体が残ることがないので、安心して殺菌・脱臭・洗浄ができます。

ほとんどの材質で効果を発揮

イラスト:ほとんどの材質で効果を発揮

オゾンは、木材や布など、ほとんどの材質のものでその効果を得ることができます。

しかし、天然ゴムや布地など材質によっては、その強力な酸化力で劣化や脱色することがありますのでご注意ください。

隅々まで殺菌できます

イラスト:隅々まで殺菌できます

オゾンは気体なので、部屋の隅々まで均一に殺菌・脱臭をすることができます。

また、その後も酸素へと変化していくだけなので、後に何かが残っているといった危険性はありません。

前処理、後処理が必要ありません

イラスト:前処理、後処理が必要ありません

オゾン処理からオゾン分解まで自動運転なので、前処理、後処理等の作業は必要ありません。

また、処理中のオゾン漏れや分解後の残留オゾンを監視し、ヒトがオゾンに触れることを防止しています。

耐性菌ができません

イラスト:耐性菌ができません

オゾンはウィルスや細菌の核そのものに働きかけ、破壊や分解を行います。

そのため、耐性菌が出たり、その耐性菌による二次公害を引き起こしたりする心配はありません。

低ランニングコストです

イラスト:低ランニングコストです

オゾンは酸素が原料なので、薬剤の購入や保管が不要です。オゾン生成にかかる費用は電気代だけ。

また、法定の管理資格や環境測定などが不要なので、低ランニングコストです。